自賠責保険とは正式には自動車損害賠償責任保険と言い略して自賠責保険と呼ぶ保険になります。このような自賠責は別名、強制保険とも言われていて、マイカーを定期的に定められている車検に出す際は決まっている期間内に効果のある自賠責保険に加入していなければなりません。全てのクルマは加入が必要だという保険ということです。では自動車が自賠責保険に加入したまま手放した時にはどうなるか考えてみましょう。自賠責保険というのは車検のときに更新になることが比較的多くあったりしますが仮に自動車損害賠償責任保険に加入した車を売却したケースでは払った金額が返ってくることはないと思います。なぜなら自賠責保険を一旦外して次のオーナーに移すことはやや面倒くさいのです。そのため、強制保険の場合は名義変更をして車とともに譲るというのが普通です。しかし、その代わりの金額を買取額に上乗せしてくれるのです。自賠責保険は自動車税とは異なり、既に納めた保険額を月単位で割った金額が返金されるのではなく査定額に上乗せといったような手法が使われるケースが一般的なのですが、こういったことが見積に載るようなことは稀です。ですので、買取の場合には強制保険の額が見積額に反映されているかをチェックしてください。自分で払った額がどのくらいの金額かを知っておけば、間違いはないと考えます。その自賠責保険の加入保険料については加入していた期間次第で違ってくるものなので注意してください。車の買い取りの場面では自賠責の名義変更をする必要があります。もしこの作業を忘れていたら、保険業者から自分宛に自賠責の満期を知らせる便りが来てしまいます。愛車がより正確に判断され損をせずに査定されることを応援したいと考えています。