クルマを売るとき、また査定の際も印鑑証明という書類が必要になります。この印鑑証明というものに関して解説していきます。印鑑証明書とはある印鑑が実印として効力を持つという事実を実証する書類です。これがないと、使っている印鑑が実印であるかどうかが保証できません。大きなお金が動く取引になる車両の買い取りですのでどうしても実印が必要ですがその時にこの印鑑証明も登場します。この印鑑証明を実際に発行するにはまずは印鑑証明の手続きをしなければなりません。印鑑証明書に登録する印は正式には実印と呼ばれ、唯一無二の判子であることが条件です。実印を手配して自分が住む市役所などの案内係へ出向けば印鑑登録をすることができます。印鑑登録の手続きが完了すると、印鑑登録カードというものが発行され、そのはんこは実印ということになります。印鑑証明を発行してもらうためには市役所などの受付で専用の用紙に必要事項を書いて印鑑登録カードを持って行くだけでできます。それに自動交付機で印鑑証明の書類を交付してもらうことができます。印鑑証明には有効期限はありません。ですので、どれだけ前の印鑑証明であろうが効力はあるということです。しかしながら、自動車買い取りの際は効力のある印鑑証明は三ヶ月以内に交付されたものとされています。ほとんどのケースで有効期限を気にする必要はないですが、車売却の際には、買取先が期限を決めているので、仮にクルマ買取の予定がある場合は、買い取りが成立する前に持っておくことが望ましいです。