FX取引の経験の浅い方が為替の要所を理解するには、まず最初に注文を重ねていく事が大切である。特に、先に危機を嗅ぎとるようになるにはミスを繰り返す事も経験のひとつです。とは言うものの、間違いをするといっても、再起できないほど大きなミスをする事は許されません。取り返しが付く失敗を何回も体験することが最後に己のレベルを上げてくれるはずです。そう考えるとまず最初はわずかな資金でエントリーしてそれによってちょっとしたミスをすることを推奨します。100万円しか投資に回すお金のない方が考えなしで一円も残さないで投じて売買すると、ミスした時、立ち直れなくなってしまう怖さがあります。そのため、仮に1割ずつ分けて売り買いして、これによって取引を繰り返したほうが少しずつ失敗を対応する技術なども覚えるはずです。まず最初にわずかな額で取引する事のメリットは、先ほど書いたように、自分の経験値を増やし、マイナスを避ける手法を習得していく事にありますが同時に、エントリーの回数を積み重ねてリスクを削減する事ができるという価値もあります。一例として、1回の注文で勝てる確率が二分の一だと考えます。すると、等しい確率で損失を生む危険性もあります。勝率50%ということは2回に1回の率で利益が上げられる事を現しています。だけど、全財産を賭けて1回だけのトレードをするということは、勝つか、負けるかのいずれかになってしまう。これはただの丁半バクチと同じ。要するに、全ての財産を賭けて1度だけしか取引をしないと、それだけでは大損する率が高まってしまうのである。そのため、投資資金を1度に全部つぎ込むのではなく、いくつかに分けて機会を積む事がリスクコントロールとなります。また数回に分けたとしてもすべてに勝利する事は不可欠ではありません。正確に言うと、全て勝つことは出来ないのが実際です。重要なのは勝ち負けの回数ではなく、どれほど利益を出すかです。勝率が2分の1でもたとえそれ以下でも儲ける事は出来ます。それ以上負けてもその収益がわずかならば少ない勝ちの儲けで相当稼げます。そのために不可欠な事は、損を少なくして、儲けを大きくして心がけることです。損が出たらすぐさま損失を確定してそれとは反対に勝った時は大きく利益を上げることが、FX投資初めての方がFX投資でプラスになるための極意です。